三輪途道 展 Michiyo Miwa LOWER AKIHABARA.|Exhibition 2015 展覧会情報|

10pixel.gifLOWER-logo-S.gif10pixel.gifS-Exhibition-Button.jpgS-Exhibition-Button.jpg10pixel.gifS-Access-Button.jpgS-Access-Button.jpg10pixel.gifS-Aboutus-Button.jpgS-Aboutus-Button.jpg10pixel.gifS-Link-Button.jpgS-Link-Button.jpg

header_line.jpg


10pixel.gif三輪 途道 展 - のら暮らし -
10pixel.gifMichiyo Miwa solo exhibition





MichiyoMiwa_solo_lower_web.jpg

..............................................................................................................................

■会期 / Date
2015年12月4日(金)-12月19日(土)
Dec.4 (Fri) - Dec.19 (Sat) 2015

★オープニングパーティー / Opening Party
2015年12月4日(金) 18:00-20:00
Dec.4 (Fri) 2015, 18:00-20:00

■時間 / Open
11:00-19:00

■休廊 / Closed
日月
Sun and Mon
..............................................................................................................................

この度、LOWER AKIHABARA.とルーサイトギャラリーは、三輪途道個展「のら暮らし」を開催致します。

同界隈にある2画廊での同時開催期間を設け、素描から木彫に至るまでの10点余を展示。

LOWER ALIHABARA.で今回主役として座するのは途道が長年取り組んできたモチーフでもある「猫」。欲望に忠実で、ふてぶてしくも甘え上手にしてそっけ なく、人間社会で淡々と暮らす彼らの生き様を「のら暮らし」とし、その何かを悟ったかような肖像を、途道彫刻の魅力で余すところなく表現するもの と思います。

ルーサイトギャラリーでは、木彫の骨格となるデッサンや小作品を中心に柳橋にたたずむ趣ある日本家屋での味わい深い展示となります。

是非ご高覧下さいませ。


三輪途道のリアリズムについて

肖像彫刻と長年向き合ってきた三輪途道。そのリアリズムは人物や動物のみならす、カイコやナメクジ、ある時は洗濯物や植物にも至る。いずれも人生 は一筋縄ではいかないことを物語る。

稀とか個性だとかいう特別な存在ではなく、ただそこに存在し、往々にしてある様 ―語られることがない生き様、取りとめのない仕草、当たり前のような慈愛―。細心の日本の木彫技術で彫り出されたそれはらはしっかりと腰を据え、普遍性を 帯びた無二の存在となる。

小暮ともこ


三輪途道 Michiyo Miwa オフィシャルWEB


1966
群馬県に生まれる
1989
東京造形大学造形学部美術学科Ⅱ類(彫刻)卒業
1990
東京造形大学造形学部美術学科研究生修了
1994
東京藝術大学大学院美術研究科保存修復技術専攻修了

[個展]
1996
ガレリア グラフィカbis(東京)
1998
「大根の気持ち-上原三千代展」 靖雅堂、夏目美術店(東京)
保科美術館(群馬県伊香保町)
1999
「上原三千代展-PORTRAITS」 ガレリア グラフィカ(東京)
GALLERY MOCA(名古屋市)
2000
「上原三千代展-diary」 中京大学アートギャラリーC・スクエア(名古屋市)
「上原三千代展-diary」 ガレリア グラフィカ(東京)
GALLERY MOCA(名古屋市)
「上原三千代展-SELF」 画廊翠巒(前橋市)
2001
「上原三千代展-会いにゆく」 ギャラリーイヴ(東京)
「リアルなココローぬかづけなココロ 上原三千代展」 高崎市美術館(高崎市)
2002
「上原三千代展-REVUE」 画廊翠巒(前橋市)
2003
ガレリア グラフィカ(東京)
「上原三千代展-下仁田」 画廊翠巒(前橋市)
2005
「上原三千代展-畳のしめりけ」 発電所美術館(富山県入善町)
2007
「上原三千代展-育児の作法」 画廊翠巒(前橋市)
上原三千代より三輪途道に改名
「三輪途道展-育児の作法」 ガレリア グラフィカ(東京)
2009
「三輪途道展-普通のありよう」 ガレリア グラフィカ(東京)
2010
「三輪途道展-普通のありよう」 画廊翠巒(前橋市)
「三輪途道展-普通のありよう」 ガレリア ポンテ(金沢市)
2011
「三輪途道展」 LOWER AKIHABARA.(東京)
2012
画廊翠巒(前橋市)
2014
「三輪途道展」 ガレリア グラフィカ(東京)、ガレリア ポンテ(金沢市)
2015
「三輪途道素描展」 IKKOYA lab (高崎市)
「三輪途道展-のら暮らし」 LOWER AKIHABARA / ルーサイトギャラリー(東京)

[グループ展]
1995
群馬青年ビエンナーレ 群馬県立近代美術館(高崎市)
1996
「篠崎悠美子・上原三千代二人展」 ガレリア グラフィカbis(東京)
1997
「’97 ANNUAL SHOW」 ガレリア グラフィカbis(東京)
1999
「アートランドオン 150×150展」 GALLERY EARTH VISION(横浜市)
「第3回世界陶彫シンポジウム」 セラテクノ土岐(土岐市)
2000
「現代の陶彫」 ぎゃらりーせいほう(東京)
「アートランドオン150×150展」 GALLERY EARTH VISION(横浜市)
「AN AUTUMIN EXHIBITION OF ART WEB SITE」 ギャラリー青羅(東京)
2002
「東大寺のすべて」 奈良国立美術館(奈良市)
「人と動物-生命をみつめて-」 高崎市美術館(高崎市)
2003
「MOTアニュアル2003 days おだやかな日々」 東京都現代美術館(東京)
2004
「木でつくる美術」 群馬県立館林美術館(館林市)
2005
「REALITY CHECK」 東京造形大学付属横山記念マンズー美術館(東京)
「A☆MUSE☆LAND☆2006 Sweet Memories」 北海道立近代美術館(札幌市)
2006
「7人の現代アーチスト」 ガレリア グラフィカ(東京)
「NAOSHIMA STANDARD 2」 ベネッセアートサイト直島(香川県直島町)
2008
「ハコビでBoo トンちゃんアート展」 北海道立函館美術館(函館市)
「ガレリア ポンテオープニング展」 ガレリア ポンテ(金沢市)
「猫展」 ギャラリー小暮(東京)
2009
「群馬の美術」 群馬県立近代美術館(高崎市)
2010
「現代木彫の潮流」 北海道立近代美術館(札幌市)
2011
「台湾 2011 三義木彫国際交流展~木彫維新展」 (台湾)
「アニマル・ライフ 朝倉文夫と動物たち」 高崎市美術館(高崎市)
2012
「安藤陽子・三輪途道展」 桜華書林(長野市) 
「色めく彫刻」 群馬県立館林美術館(群馬)
「アートツリーズ」 高崎市美術館(高崎市)
2013
「太田ビエンナーレ」 太田市学習文化センター(太田市)
「立体の魅力 2013」 画廊翠巒(前橋市)
2013
「カゼイロノハナ」 アーツ前橋(前橋市)
2014
「郷土の作家展」 富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館(富岡市)
「夢の軌跡 群馬の作家59人展」 高崎シティギャラリー(高崎市)
2015
「GROWING 開館20周年記念展」 下山芸術の森発電所美術館(富山県入前町)
「アートオブライフ」 群馬県立近代美術館(高崎市)

[アートフェア]
1999
NiCAF TOKYO’99 東京国際フォーラム(東京)
2001
NiCAF TOKYO’01 東京国際フォーラム(東京)
2008
アートフェア東京 「ミヤケマイ・三輪途道 foget-me-not」 2008 東京国際フォーラム(東京)
ART TAIPEI 2008 諏訪敦・三輪途道展 ギャラリー小暮ブース(台湾)
2010
ART TAIPEI 2010 ギャラリー小暮ブース(台湾)
2011
ART TAIPEI 2011 ギャラリー小暮ブース(台湾)
2015
アートフェア東京 2015 ギャラリー小暮ブース 東京国際フォーラム(東京)

[パブリックコレクション]
アーツ前橋
高崎市美術館
北海道立近代美術館
ベネッセアートサイト直島
和歌山県立医科大学
東大寺
日光山輪王寺
高崎市箕郷町獅子舞保存会
上田第一ホテル

★同時開催★

MichiyoMiwa_solo_lucite_web.jpg


■会場 / Venue
ルーサイトギャラリー
〒111-0052
東京都台東区柳橋1-28-8
TEL : 03-5833-0936

lucite gallery
1-28-8 Yanagibashi Taito-ku, Tokyo JAPAN 111-0052
TEL : +81-(0)3-5833-0936

■会期 / Date
2015年12月10日(木)-12月19日(土)
Dec.10 [Thu] - 19 [Sat] 2015

■時間 / Open
11:00-18:00

休廊 / Closed
会期中無休(会期中カフェOPEN)
Open everyday and cafe.

2017

2017.4.5 - 4.18
柳楽晃太郎 ー織る-

2017.3.4 - 3.15
大谷伊都 ー忘却の作法-

2017.2.10 - 2.24
香月恵介 -Image in the light-

2017.1.18 - 1.28
グループ展
-ギザイセイカテン-

2016

2016.11.25 - 12.3
グループ展
-ザ・フィリピンショック-

2016.11.5 - 11.12
グループ展-蜃気楼-

2016.10.15 - 10.29
ジガー・クルーズ「無意識の革命」

2016.9.9 - 9.17
後藤温子 -空っぽの偶像-

2016.8.20 - 9.3
池谷友秀 -WAVE-

2016.7.16 - 7.30
足立篤史 -醜美ノ記憶-

2016.4.15 - 4.23
グループ展 -Flag of the West-

2016.4.1 - 4.9
山本隆博 展

2016.3.12 - 3.26
ヴィサール・アンカタワニット
-Symphony of Betta-

2015

2014

2013

2012

2011

2011.11.25 - 12.10
村松 桂「Danza Margine」

2011.11.1 - 11.3
ULTRA 004
長谷川迅太 展

2011.10.21 - 11.2
グループ展「白日夢」

2011.7.1 - 7.16
三輪途道 展

2011.3.4 - 19
笛田亜季
「Animaless Zoo Project #21」

2011.2.2 - 13
於 Bunkamura Gallery
上田風子「Lucid Dream」

2010

2010.11.13 - 11.20
於 Gallery小暮
上村一夫 原画展

2010.11.1 - 11.3
ULTRA 003
グループ展「水」

2010.9.17 - 10.2
グループ展「汽球人間」

2010.6.18 - 7.3
草井裕子 展

2010.4.2 - 4.4
アートフェア東京2014
グループ展「妖 ‐OYOZURE‐」

2010.3.5 - 3.20
池谷友秀「BREATH」

2010.1.11 - 2.27
常設展

2009