後藤温子 展 Atsuko Goto LOWER AKIHABARA.|Exhibition 2016 展覧会情報|

10pixel.gifLOWER-logo-S.gif10pixel.gifS-Exhibition-Button.jpgS-Exhibition-Button.jpg10pixel.gifS-Access-Button.jpgS-Access-Button.jpg10pixel.gifS-Aboutus-Button.jpgS-Aboutus-Button.jpg10pixel.gifS-Link-Button.jpgS-Link-Button.jpg

header_line.jpg


10pixel.gif後藤温子 展 - 空っぽの偶像 -

10pixel.gifAtsuko Goto solo exhibition - an empty idol -


png50pixel.png
201609_Goto_solo.jpg
png50pixel.png

..............................................................................................................................
■会期 / Date
2016年9月9日(金)- 9月17日(土)
Sep.9 [Fri] - Sep.17 [Sat], 2016

★オープニングレセプション / Opening Reception
9月9日(金)18:00-20:00
Sep.9 [Fri] 18:00-20:00

■時間 / Open
11:00-18:30

■休廊 / Closed
日 休廊
Closed on Sun
..............................................................................................................................
png50pixel.png
この度、LOWER AKIHABARA.では、後藤温子の個展を開催いたします。

偶像とはアイドル(idol)やアイコン(icon)と訳されるが、偶像は見る側(崇拝者)が感情移入できるように空の器でなくてはいけない。我々日本人は古代から偶像崇拝してきた。近現代の急激な価値観の変貌によって、崇拝対象がアイドルや、バーチャルなキャラクターになっている人々もいるが、それは全て空っぽの偶像のかたちが変化しているに過ぎない。しかし崇拝する側は絶対にその意思によって器のかたちを変えることもできない。無意識の夢が意思によって変えることもできない聖域であるように、空っぽの偶像を愛することは出来てもコントロールすることはできないのだ。

人々が内に秘めながらも自覚しない情念を描いてきた後藤温子。夢の中での記憶の断片が、不可思議な物語や情景として現れるように、意味を求めずその時々の無意識な欲求(無意識に感じているもの)に従って描くことが後藤の制作であり、その心の再生によって描かれる後藤の心象絵画に登場する少女達は、意思を持たず、虚構の繭の中でほほ笑むようだ。

是非ご高覧ください。
png50pixel.png

png50pixel.png
LOWER AKIHABARA pleased to announce solo exhibition of Atsuko Goto.

Guuzou, a Japanese concept usually translated as an idol or icon, explain about religious figure, performance idol or character idol and so on, needs to be an empty vessel for the person who observes it (the worshiper) to empathize with it. We Japanese have been worshiping guuzou since ancient times. While some people have come to worship talents or virtual characters with the rapid change in values during the modern era, those objects are all only shape variations of an empty guuzou. The worshiper, however, can never alter even the shape of the vessel at his/her discretion. Like an unconscious dream, which is a sanctuary that cannot be altered by will, an empty guuzou cannot be controlled even though it might be loved.

Atsuko Goto—an artist who has been depicting in her paintings people’s inner emotions they are not conscious of. It is Goto’s style of production to make a picture following her unconscious desires (what she feels unconsciously) at the time without seeking any meaning, so that pieces of memories in a dream can emerge as a mysterious story or scene. The girls depicted in her imagery paintings through such a process of mental rebirth appear to have no will, just smiling in a fictitious cocoon.
png50pixel.png

2017

2017.4.5 - 4.18
柳楽晃太郎 ー織る-

2017.3.4 - 3.15
大谷伊都 ー忘却の作法-

2017.2.10 - 2.24
香月恵介 -Image in the light-

2017.1.18 - 1.28
グループ展
-ギザイセイカテン-

2016

2016.11.25 - 12.3
グループ展
-ザ・フィリピンショック-

2016.11.5 - 11.12
グループ展-蜃気楼-

2016.10.15 - 10.29
ジガー・クルーズ「無意識の革命」

2016.9.9 - 9.17
後藤温子 -空っぽの偶像-

2016.8.20 - 9.3
池谷友秀 -WAVE-

2016.7.16 - 7.30
足立篤史 -醜美ノ記憶-

2016.4.15 - 4.23
グループ展 -Flag of the West-

2016.4.1 - 4.9
山本隆博 展

2016.3.12 - 3.26
ヴィサール・アンカタワニット
-Symphony of Betta-

2015

2014

2013

2012

2011

2011.11.25 - 12.10
村松 桂「Danza Margine」

2011.11.1 - 11.3
ULTRA 004
長谷川迅太 展

2011.10.21 - 11.2
グループ展「白日夢」

2011.7.1 - 7.16
三輪途道 展

2011.3.4 - 19
笛田亜季
「Animaless Zoo Project #21」

2011.2.2 - 13
於 Bunkamura Gallery
上田風子「Lucid Dream」

2010

2010.11.13 - 11.20
於 Gallery小暮
上村一夫 原画展

2010.11.1 - 11.3
ULTRA 003
グループ展「水」

2010.9.17 - 10.2
グループ展「汽球人間」

2010.6.18 - 7.3
草井裕子 展

2010.4.2 - 4.4
アートフェア東京2014
グループ展「妖 ‐OYOZURE‐」

2010.3.5 - 3.20
池谷友秀「BREATH」

2010.1.11 - 2.27
常設展

2009