ジガー・クルーズ 展 Jigger Cruz LOWER AKIHABARA.|Exhibition 2016 展覧会情報|

10pixel.gifLOWER-logo-S.gif10pixel.gifS-Exhibition-Button.jpgS-Exhibition-Button.jpg10pixel.gifS-Access-Button.jpgS-Access-Button.jpg10pixel.gifS-Aboutus-Button.jpgS-Aboutus-Button.jpg10pixel.gifS-Link-Button.jpgS-Link-Button.jpg

header_line.jpg


10pixel.gifジガー・クルーズ - 無意識の革命 -

10pixel.gifJigger Cruz Solo Exhibition
10pixel.gif"No Meanings, Just My Head Seems To Be In A Fiery Senseless Revolution"


png50pixel.png
201610_jigger_solo1.jpg
"No Meanings, Just My Head Seems To Be In A Fiery Senseless Revolution"
2016 / oil on canvass / 91.4×121.9cm
png50pixel.png

■会期 / Date
2016年10月15日(土)- 10月29日(土)
Oct.15 [Sat.] - Oct.29 [Sat], 2016

★オープニングレセプション / Opening Reception
10月15日(土)18:00-20:00
Oct.15 [Sat] 18:00-20:00

■時間 / Open
11:00-18:30

■休廊 / Closed
日月 休廊
Closed on Sun and Mon

png50pixel.png
LOWER AKIHABARA.(GALLERY KOGURE)では、フィリピンを代表する若手アーティスト、ジガー・クルーズ展示を開催いたします。

海岸距離世界第4位という大自然に恵まれる一方、貧困や犯罪などの深い闇に閉ざされた無数のカオスと、経済成長著しい都市部とが渾然一体とする中、強烈なリーダーシップを発揮する新大統領の下、大きな変貌を遂げようとしているフィリピン。歴史は長く、イスラム教国、スペイン、アメリカ、日本による統治、そしてマルコス独裁政権と崩壊を目の当たりにしたかあるいはそれ以降の世代から生まれた独特の現代アートシーンは、他の東南アジア諸国とは一線を画し、90年代から飛躍的な進化を遂げて、この10年ほどで爆発的なパワーとなって大きな市場へと成長した。服もない、筆も持ったことがない子供たちがカオスの教会で絵を習う。出生や育つ環境は様々であるが、そんな世代から出現し現代に昇華したフィリピンの現代作家達には、戦前戦後の日本や、中国の文化大革命を経験した世代のパワーを彷彿とさせるような、ふつふつと湧き上がる底知れぬエネルギーに満ちている。

Jigger Cruzは、大都市マラボンの敬謙なカソリック家庭に生まれ、大学ではファインアートとデザインを専攻。音楽も制作する一方で、折々にスタイルを変えながら抽象画を発表。近年はNYやベルリンでも度々個展を行っている。2006年頃からの約10年の作家活動で、フィリピンの若手アーティストで最も注目される存在となった。例えば、古典や近代絵画のキャンバス骨組みをむき出しにして、その上に極めてカラフルにそこから沸き起こるかのような強烈な抽象をインストールしたり、シンプルかつ明確な行為によって、過去の破壊と固定観念への反発を強く表現した抽象画を描いた。それらにはストリートミュージックのような生き生きとした音楽性が宿り、どの制作もパワーに溢れているのだが、その破壊力以上に魅力的だったのは、理由を付けがたい彼の非凡な抽象の絵画力であり、彼はものすごい勢いでフィリピン国内のみならず広く米国や欧州でも注目される存在となった。

日本初展示となる本展では、"No Meanings, Just My Head Seems To Be In A Fiery Senseless Revolution"と題し、無意味をテーマに「意味などない。私の脳裏は、無意識の革命に燃えて闘う」とした。

彼は早熟の異端児となり、そこには制作の苦労とは別の、彼の作品を取り巻く様々な苦い社会経験が雑念となっていることも想像できる。本展は、ほんの一時でも思考を停止し、作為のない抽象の彼方へ行きたい、というアーティストとしての純粋な思いからなるものとなった。彼の絵を見れば、我々が見慣れたビジュアルや言葉で飾られた表現が何なのか、定義された美しさとは何であるかがわかるのではないだろうか。オートマティズムの限界ににたどり着く方法を模索し、人々を魅了してきたJigger Cruzの新作展を、是非ご高配ください。
png50pixel.png
LOWER AKIHABARA (GALLERY KOGURE) pleased announce solo exhibition of Jigger Cruz.

The Philippines is blessed with vast nature with world’s fourth length of coastal lines while the myriad of the chaos closed by the deep darkness such as poverty and crimes and the economically growing urban areas are blending at same time. The country is about to achieve the significant transformation under the powerful leadership from the new president. With its long history consisting of the rule under control by the Islamic country, Spain, United States and Japan, and emergence and collapse of the Marcos dictatorship, the country’s unique modern art created by generations who have witnessed such history or later has made a clear departure from the other Southeast Asian countries and has turned into a large art market with an explosive power over the past 10 years after the dramatic evolution seen since the 1990s.

Jigger Cruz was born in a religious Catholic home in the big city Malabon and majored the fine art and design in the college. He presents abstract paintings with a various styles from time to time while he makes music. In recent years he has often exhibited in New York and Berlin. Now he’s become one of the iconic young artists in the Philippines after about 10 years of his artistic efforts since 2006.

He drew, for example, the installation classic and modern art of the powerful abstraction as if it arises from there with the extremely colorful images painted on the canvas and on, or even out of, its framework, as well as the abstract paintings giving a strong expression of the destruction of the past and the backlash against the stereotype by simple and clear actions. Lively melodies like street music resides in all of his works filled with the powerful energy, but what is more attractive for him than its power, is his unreasonable and extraordinary skill of abstract paintings, turning himself to be a well-known artist not only domestically but also in the U.S. and the Europe.

The exhibition in this time is his first shot in Tokyo set the unconsciousness as its theme with the title of “No Meanings, Just My Head Seems To Be In A Fiery Senseless Revolution". Since he is a precocious maverick, it can be imagined that there is an idle thought in a various bitter social experiences related to his works as well as the difficulties he faces with the art work production itself. The exhibition saw his pure thought as an artist, a desire to stop thinking even just temporarily and to go over the abstraction with no artificiality. His paintings may tell you the meanings of expressions decorated with the familiar visuals and words as well as the beauty which has already been defined. Jigger Cruz has been Looking for ways to reach the limit of automatism and has been fascinating people, it is now time for you to appreciate his works at the 1st solo show in Japan.

201610_jigger_solo2.jpg
"ftygiugd"
2016 / oil in canvas / 30.4×40.6 cm

2017

2017.4.5 - 4.18
柳楽晃太郎 ー織る-

2017.3.4 - 3.15
大谷伊都 ー忘却の作法-

2017.2.10 - 2.24
香月恵介 -Image in the light-

2017.1.18 - 1.28
グループ展
-ギザイセイカテン-

2016

2016.11.25 - 12.3
グループ展
-ザ・フィリピンショック-

2016.11.5 - 11.12
グループ展-蜃気楼-

2016.10.15 - 10.29
ジガー・クルーズ「無意識の革命」

2016.9.9 - 9.17
後藤温子 -空っぽの偶像-

2016.8.20 - 9.3
池谷友秀 -WAVE-

2016.7.16 - 7.30
足立篤史 -醜美ノ記憶-

2016.4.15 - 4.23
グループ展 -Flag of the West-

2016.4.1 - 4.9
山本隆博 展

2016.3.12 - 3.26
ヴィサール・アンカタワニット
-Symphony of Betta-

2015

2014

2013

2012

2011

2011.11.25 - 12.10
村松 桂「Danza Margine」

2011.11.1 - 11.3
ULTRA 004
長谷川迅太 展

2011.10.21 - 11.2
グループ展「白日夢」

2011.7.1 - 7.16
三輪途道 展

2011.3.4 - 19
笛田亜季
「Animaless Zoo Project #21」

2011.2.2 - 13
於 Bunkamura Gallery
上田風子「Lucid Dream」

2010

2010.11.13 - 11.20
於 Gallery小暮
上村一夫 原画展

2010.11.1 - 11.3
ULTRA 003
グループ展「水」

2010.9.17 - 10.2
グループ展「汽球人間」

2010.6.18 - 7.3
草井裕子 展

2010.4.2 - 4.4
アートフェア東京2014
グループ展「妖 ‐OYOZURE‐」

2010.3.5 - 3.20
池谷友秀「BREATH」

2010.1.11 - 2.27
常設展

2009